NEWS[スタディーツアーニュース]

前のページに戻るスタディーツアーニュース一覧

10月22日 株式会社東芝さん コットン収穫ツアーにお越しいただきました

2016年もコットン収穫の最盛期に入ってきました。

おてんとの畑にもお客さんが訪れ始めています。

トップバッターは株式会社東芝さん。5月の種まきに参加していただいたリピーターさんもたくさん参加して下さいました。
「こんなに大きくなったんだ~!」と歓声を上げて下さる方がたくさん。

IMG_6928.JPG

綿の収穫が初めてです、という方から、三度目です!というベテランの方まで、多様な方がいらっしいました。
でも、綿の実に初めて触れる方も、何度も触れたこともある方も、この「ふわふわ」に魅了されるのは一緒のようです。

何度となくおてんとの畑を訪れているリピーターさん達もいて、とても和気あいあいとした雰囲気の中で収穫ができました。不思議なもので、このふわふわの綿を触っていると、誰もが自然に笑顔になるみたいです。


そんな中、「このふわふわがどうやってコットンの服になるの?」という疑問を抱かれる方もたくさん。
この中の種を取って、繊維をほぐして、ほぐした繊維の向きを均一にして......と、言葉で説明するのは大変な工程を、何度となく説明しました(笑)
おそらく日本人の誰もが毎日お世話になってるコットン。その育てられ方や作られ方を知らない人がほとんどなのは、やはりもったいないことかな、と改めて感じます。

IMG_6934.JPG

いつも一人だと、広いな~、と感じる畑が、たくさん人がいると、むしろ狭いかも......と感じます。
不思議ですね。

たくさんの方とお話していて、「そもそもこういう農作業じたいが初めてです」と仰る方も少なくありません。
コットンを見るのが初めてです、という方がほとんどなのは、私もそうだろうな~、と思っているのですが、農作業も初めてです、という方がけっこう多いことにいつもびっくりします。

農作業をしたり、土に触れたりすることがもう少し一般的になればいいなと思いつつ、これからどんどん、特殊な体験になっていくんだろうなとも思います。
ましてやコットンをや。少しでも多くの方が農業や綿に、気軽に触れられる場になれるよう、これからも頑張っていきたいと改めて思いました。

PAGE UP △