ABOUT[ふくしまオーガニックコットンプロジェクトとは?]

オーガニックコットンで
生産者と消費者がつながるモノ作りを目指して

ふくしまオーガニックコットンプロジェクト:オーガニックコットンで生産者と消費者がつながるモノ作り

東日本大震災は複合的な災害を引き起こし、福島では、風評被害から生産者が農業を断念するケースも多く見られました。また、農家の後継者不足などにより、遊休農地・耕作放棄地は年々増加し続けていました。

ふくしまオーガニックコットンプロジェクトは、2012年春に始動しました。
食用ではなく、塩害にも強い綿を有機栽培で育て、収穫されるコットンを製品化・販売する一連の取り組みで、地域に活気と仕事を生み出すことを目的とし、福島から新しい農業と繊維産業を作り出したいと考えています。

そんな中、私たちがなぜオーガニックで育てることにこだわったか。

私たちが福島で育てているオーガニックコットンは、日本の在来種である茶色の「和綿」です。在来種は、品種としての特性が親から子、子から孫へと保たれます。土を汚さず、世代を超えて種として存続していくことが出来ることは、震災以降の福島で、循環型の社会を目指すいわきおてんとSUNの理念そのものでした。

加えて、世界の綿産地では、化学肥料、除草剤、落葉剤など、農薬の大量使用により、環境への負荷や農家の健康被害が深刻な問題となっています。こうした状況を改善しようと、先進諸国では、農薬や化学肥料を使わないオーガニックコットンの需要が高まっています。

福島で蒔いた種は、様々な形で確実に芽を出し始めています。
本プロジェクトでは、農家、市民、学校、企業CSRなど、たくさんの方から栽培へのご参加をいただいています。いわきおてんとSUNでは、コットンの栽培体験だけではなく、活動を通して生まれる「コミュニティのつながり」を楽しみ、実感していただきながら、少しでも福島の農家を支援出来る「新しいモノ作りの形」を提案し続けていきます。

ふくしまオーガニックコットンプロジェクト:コットンを一緒に育てませんか? COTTON TOUR コットンツアー参加者募集中!

PAGE UP △